• ホーム
  • 開業時のタスクシフティング①ー委員会活動
2020.11.02(最終更新日:2020.11.02

開業時のタスクシフティング①ー委員会活動

医者

開業する際、院長の仕事はとてもたくさんあります。そんな時、タスクシフティングの考え方を取り入れるかどうかで、負担は大きく変わります。今回は、開業時のタスクシフティングについて解説したいと思います。

1.開業時はやることがたくさんある

医者と看護師

開業の際、皆さんは全部自分でやらなくてはならないと思っていませんか。この考えのもとでは、体がいくつあっても足りません。業者(医薬品・材料、医療機器、医療システム、外注検査会社、金融機関、税理士など)とのやり取り、ホームページの開設・更新、備品の発注など、本当に大変です。開業時はコンサルがある程度対応してくれますが、ずっといてくれるわけではありません。契約が切れると、顧問契約を再度結ばない限り、対応はすべて先生に集まります。この業務を開業時に一人で抱え込んでいると、開業後も結局、院長が全部をしなくてはならなくなるのです。

2.オープニングスタッフに仕事をタスクシフティング

スタッフイメージ

「最初が肝心」ですから、オープニングスタッフに割り振る、タスクシフティングを実践してみてはどうでしょうか。スタッフに振れるもの、振れないものは当然ありますが、振れるものの方が多いと思われます。
おすすめなのは、委員会あるいは係の設置です。基本は二人一組でリスクを分散すると、スタッフも嫌がらないと思いますよ。以下に委員会の例を提示しておきます。なお、人数が少ないうちは、兼務するのは問題ありません。開業して人数が振り分け直せばよいのです

3.委員会の実践例

病院イメージ

●整理整頓

備品の発注・管理や清掃などを整理・整頓・清掃・清潔・しつけの「5S」の観点から行う。特におすすめなのが「定位置管理」です。置く場所をあらかじめ決め、必ずそこに戻す習慣をつけることです。モノが増えてくるとどうしても、どこにしまえばよいかが重要になります。そこを美化委員に任せれば、いちいち先生に聞かれることはありませんし、モノを探すときは美化委員に聞けばよくなります。診療側・事務側で1名ずつ選ぶと良いでしょう。

●標準化

マニュアルやワークフローの作成を担当します。機器やシステム、施錠、清掃など、ヒトが動けばそこに、マニュアルが必要になります。マニュアルを作成したり、更新したりする仕事になります。これを先生がやっていると、時間がなくてマニュアルができずに、後回しになってしまいます。マニュアルがないと新しい人の受入れ時に混乱のもとですから、是非設置を考えてみてください。診療側・事務側で1名ずつ選ぶと良いでしょう。

●機器・システム

医療機器や医療システムの窓口になります。医療機器の不具合や医療システムの不具合は、まずこの委員に情報が集まり、業者にお問い合わせをします。これを設置することで、診療中に業者の対応をしなくてはいけないなんてことはなくなります。できればパソコンが得意な方を選ぶと良いでしょう。診療側・事務側で1名ずつ選ぶと良いでしょう。

●広報

ホームページやSNS、院内掲示、リーフレットなどを担当します。日々のホームページやSNSの更新、院内の掲示物の作成・管理、患者向けのリーフレットの作成を行います。先生は、更新内容やアイデアを伝えるだけで構いません。写真係も兼ねています。いまは画像で判断することが多くなっていますので、写真を日ごろから撮る係を決めていくのは重要です。できれば感性の若いスタッフを選ぶと良いでしょう。開業後は、この委員が重要な役割を担います。

これ以外にも「レクリエーション」を作っているところもあります。新年会や忘年会、クリスマス会などのイベントを担当します。基本的には看護師を中心とした診療チームと受付を中心とした事務チームはもともとありますので、そのバランスを見極めて委員会を設置すると良いでしょう。委員会活動は、セクショナリズムの解消にも有効なので、是非開業時ご検討いただければと思います。

最後に委員会のメンバーが決まったら、必ず院内の患者から見えないところに掲示しておきましょう。これがあるのとないのでは、実行レベルが変わります。委員会が立ち消えにならないように掲示することは忘れないで実践してください。

情報提供元:株式会社EMシステムズ

当サイトは、株式会社EMシステムズが管理し、情報を編集・提供しています。提供している情報は公開時点の情報です。

投稿等の内容及び提供した情報に関して、その正確性・速報性・合法性・完全性・有用性など、会員に対していかなる保証もいたしません。

自身の判断でご利用下さい。